関東のおすすめ水族館

関東地方にはいくつもの水族館があります。それぞれに特徴的で、楽しめる施設になっています。ここではその中からおすすめの水族館を紹介します。

葛西臨海水族園

まずは葛西臨海水族園です。この水族館の最も大きな魅力といえば、何と言ってもマグロの回遊大水槽ではないでしょうか。素晴らしい速さで泳いでいるマグロを見ることができる施設は滅多にありませんので、一見に値するといえます。気をつけないといけないことは、アシカやイルカのショーが一切ないことです。ですので家族連れでエンタメちっくなショーを目的に来るよりは、もっと魚の生態や落ち着いた雰囲気を楽しみたい方におすすめと言えるでしょう。

サンシャイン水族館

次に紹介するのはサンシャイン水族館です。池袋の中心部にあるビルの10階という立地とはうらはらに、展示種類数は充実しており満足度は高いでしょう。また展示方法にも趣向を凝らしており、おしゃれな雰囲気を丸ごと楽しむこともできます。しかしながら館内が狭い上に人も多いので、ゆっくり見て回ることは難しいかもしれません。特に休日の昼時はカップルや家族連れで混み合うので、訪れる場合は少し時間をずらすのが良いでしょう。品川にある二つの水族館も非常に人気が高いです。

まずはアクアパーク品川です。こちらの魅力は品川駅から徒歩5分程度というアクセスのしやすさもありますが、何と言っても夜10時頃まで開館しているということでしょう。夜のしっとりとした雰囲気の中で美しくライトアップされた水槽を見るというのは、非常に素晴らしいと評判です。デートで行くという人も多いのが特徴です。

 

しながわ水族館

もう一つは、しながわ水族館という古くからある総合型の水族館です。こちらはイルカショーやトンネル水槽、アシカチューブなど、とにかく何でもあるのが特徴です。館内も充分な広さがありますので1日いても飽きるということはないと思います。アクセスがしづらいのが難点ですが、小さいお子様のいる家族にはおすすめです。

 

関西のおすすめ動物園はどこ?

関西地方には、おすすめしたい動物園がいくつかありますので、それぞれの地域ごとに紹介していきます。動物のなかでも、子どもたちから大人まで人気の高いのがコアラになるでしょう。

 

天王寺動物園

大阪市天王寺区にあります天王寺動物園には、コアラ館があって、こちらには体長が約70cmで体重が約10kgの、ヴィクトリアコアラを見ることができます。コアラは兵庫県神戸市にあります、王子動物園でも見ることができます。こちらには、一番の人気者といわれている、ジャイアントパンダが飼育されており、1日に4回のお食事タイムが見どころとなっていますので、時間にあわせて訪れてはいかがでしょう。

 

京都市動物園

また、京都市左京区には京都市動物園があります。ここには、ライオンやキリンなどの哺乳類や、タンチョウやフクロウなどの鳥類、カメやヘビなどの爬虫類と両生類など、数多くの動物が飼育されています。毎月さまざまなイベントが開催されています。

 

アドベンチャーワールド

また、和歌山県のアドベンチャーワールドには、ジャイアントパンダが7頭飼育されていて、暮らしぶりを自由に見ることができます。そして、サファリワールドでは専用車でゆっくりと楽しむこともできますのでいかがでしょう。

 

うだアニマルパーク

奈良県には、うだアニマルパークという、ヤギや羊のエサやりを体験できるなどの施設があります。子どもを対象にした、ポニー乗馬体験も行っていますので、動物と触れ合うのもおすすめになります。

 

滋賀農業公園ブルーメの丘

滋賀県にも、動物と触れ合うことができます、滋賀農業公園ブルーメの丘があります。人気者のアルパカや羊、馬なども見ることができ、園内には小動物のふれあい広場などがありますので、動物園とは少し違うでしょうが実際にふれあうことができるでしょう。

 

関西地方には、人気の高いコアラやパンダを見ることができる動物園が、大阪や兵庫、和歌山などにありますし、動物とふれあうことが可能なところもおすすめしたいものですから、足を運ばれてはいかがでしょう。

関東のおすすめ動物園

関東にはおすすめの動物園が多く、家族連れで行くのか、カップルでデートで行くのかによってもおすすめできる所が違ってくるほどです。

それぞれ珍しい動物がいたり、施設に工夫が施されてあったりと、どこも素敵で楽しむポイントが多く、迷ってしまいます。ひとまずは4ヶ所をおすすめしますので、興味を持っていただければと思います。

 

上野動物園

1つめは、東京都台東区の「上野動物園」です。上野恩賜公園内にあり、日本で初めての動物園として人気です。構内は広く、小さな子供と遊ぶにも最適です。パンダはもちろん、ハシビロコウなど多くの動物に出会えて、一日ゆっくり楽しめます。

東京駅からも近い上野駅の目の前にあるので、交通の便もよく、園内も整備されて歩きやすいので、ヒールでもへっちゃらです。恩賜公園内には、様々な美術館や博物館もあり、周辺には美味しいレストランもあるので、デートにも最適です。

 

よこはま動物園ズーラシア

次に、神奈川県横浜市の「よこはま動物園ズーラシア」はどうでしょうか。関東で最大級の動物園で、アスレチックスペースもあり、家族連れにも大人気です。大型遊具が敷地内に点在しており、子供も飽きずに遊べる工夫がいっぱいです。

 

東武動物公園

3つめは、埼玉県南埼玉郡の「東武動物公園」、大好きなスポットです。動物園としてだけでなく、遊園地としても様々なアトラクションがあり、さらに夏には大きなプールも楽しめます。色んなことが楽しめるので、小さな子供連れから、デートまで大丈夫だと思います。

 

東京多摩動物公園

4つめの東京都日野市「東京都多摩動物公園」は広くて動物の種類も豊富なので、一日で回るつもりなら、午前中から気合を入れましょう。軽い山登りかハイキングのつもりでスニーカーを履いて行くと正解です。レジャーに行く感覚で楽しみましょう。ライオンバスに乗ったら、ライオンをじっくり観察することも出来ます。チーターやユキヒョウなどの珍しい動物もいますし、アジアゾウとアフリカゾウの2種類を見ることも出来ます。

 

関東のファミリー向け公園

関東近郊にあるファミリー向け公園の紹介です。


まず一つ目は埼玉県比企郡にある国営武蔵丘陵森林公園です。入園料は大人410円、子供80円です。こちらではアスレチックや日本一大きいエアートランポリン、暖かい季節になると巨大じゃぶじゃぶ池(水遊び場)が使用可能になるなど、遊び応えのある公園です。また広い敷地を園内バスが走っているので、歩き疲れたり移動の際には便利です。(園内バスは大人210円、子供100円)


二つ目は東京都小金井市にある小金井公園です。入園料無料。ここには子供の広場やドッグラン、バーベキュー広場、レンタサイクルなどがあり、家族で一日過ごせる公園です。また休日には大道芸を披露している方などもいて、パフォーマンスが見られる事もあります。人工芝の大きな坂があり、こちらも無料で楽しむことができます。滑る用のソリも数個置いてありますが、順番待ちがあるのでほとんどの方は持参して滑っているようです。(園内の売店でも販売しています)。


三つ目は神奈川県相模原市にある市立相模原麻溝公園です。入園料無料。園内にはミニ動物園があり、ふれあい動物広場ではウサギやモルモットなどのふれあい体験ができます。またポニーに乗ることもできます。小さな子向けの遊具やそれよりも年齢が上の子向けフィールドアスレチックも存在し、アスレチックは林の中にあるので日差しを気にせず楽しむ事ができます。
四つ目は千葉県船橋市にあるふなばしアンデルセン公園です。大人900円、高校生600円、小中学生200円、4歳以上100円。長さ50mに及ぶ大きな滑り台や、かなり種類のあるアスレチック、水遊び広場、こどもとワークショップに参加できる美術館など盛りだくさんです。園内にはレストランもあるので手ぶらで行っても大丈夫です。ゴールデンウィーク時は駐車場渋滞がおきる事もあるので、お出かけの際は早めの出発が良いかもしれません。

どの公園も敷地面積が広いため、お出かけの際にはHPなどでチェックしてからのほうが楽しめるでしょう。

 

3才活発な子供におすすめのスポット

3歳になって動きが活発になり、何事にも興味津々の子供さんを連れて遊びにいく場合、どこを選びますか?今回は兵庫県内のぴったりなスポットを2つご紹介します。

 

意外と穴場!王子動物園

1つめは神戸市灘区にある王子動物園です。敷地面積はそんなに広いわけではありませんが、約130種類800点の動物を展示している人気の動物園です。子供たちが大好きなゾウやパンダなども見ることができますし、動物たちの食事タイムやトレーニング中の風景などを見学できるイベントがたくさんあります。

また動物と直接触れ合える「ふれあい広場」にはウサギやアヒル、ヤギや羊、モルモットなどを間近で観察したり、ひざの上で抱っこできるので、子供さんは大喜びすると思います。王子動物園には小さい遊園地も併設されていて、動物園の入園料のみで自由に出入りすることができます。

各乗り物を利用するためには別途料金がかかってくるのですが、観覧車やメリーゴーランド、こども汽車など家族みんなで遊べる設備がそろっています。レストランもありますし、お弁当を持って行って動物を見ながらゆっくり食べれる場所もたくさんありますので、1日楽しめるスポットです。

 

須磨水族園にはイルミネーションも

2つ目は神戸市須磨区にある須磨水族園です。これから暑くなってきますし、水族館のひんやりした雰囲気を味わいながら、いろんな魚やペンギン・アザラシなどの海洋生物の観察をするのもよいのではないでしょうか。

須磨水族園は1957年に開園した歴史のある水族館で、イルカショーやペンギン館、アマゾン館など魅力的な見どころがたくさんあります。実際にイルカやアザラシに触れるイベントや、ペンギンや陸ガメの餌やり体験、ペンギンとの記念写真をとることもできます。

また季節限定で、夕方から夜間にイルミネーションを行っており、幻想的な世界を楽しむこともできます。普段とは違う体験ができますので、子供さんも大人もより興味をもって楽しめるのではないでしょうか。ぜひ、ご家族での楽しい思い出作りに訪れてみてください。

 

1才はいはい期に遊べるおすすめスポット

近日、キッズルームやキッズスペースなどという言葉をよく見かけるようになったのは私だけではないでしょう。居酒屋やカラオケ、昔では子供を連れていくようなスポットではない場所にもこのようなスペースが作られていることが多くなりました。

私は、現在1歳の子供と3歳の子供がいます。子育て中の世代ですので、昔の子育て状況がどんなものなのかは母や年配の方の話でしか分かりませんが、少なくとも今よりは、子供を連れてランチに行ったりスーパー以外の買い物に出掛けることは少なかったと思います。

時代が変わると子育て状況も変わりますね。今では、赤ちゃん連れのお母さん方を、電車や出掛け先でもよく見かけます。それだけ、出掛けやすい環境になったといえますね。

 

助かる!有料で遊べる場所

タイトルの、1才はいはい期に遊べるスポットですが、有料で時間制で遊べる場所をよく見かけます。私自身も買い物の最後などに何度か利用したことがあります。子供が好きそうなオモチャだらけですし、何より暑い時には涼しく、寒い時には暖かい場所で遊べるところがありがたいです。

そういう場所には、大体、授乳室やおむつ替えをする部屋も設けてあるので、小さい赤ちゃんを連れていても安心です。いくら、キッズスペースなど子供が遊べる場所が増えても、やはり子供連れは何かと周りに気を遣わなければなりません。

買い物中、泣く子、走り回る子、奇声をあげる子、泣き止まそうとしたり走り回っているのを注意したり、ゆっくり買い物できること、そうそうないでしょう。そんな時に、有料で遊ばせる場所や、無料で小さいキッズスペースなどがあるだけで、親も子も助かります。

遊ばせるところが全くない所に買い物に行くよりも、少しでも子供が遊べるところがある方が、親子共にストレスがなくお出かけできます。企業側としても、ファミリー層をターゲットにしている所が多くなってる傾向にあるので、赤ちゃんや子供が遊べる場所を設けている所が増えてきているのだと思います。子育て中の身としては、とてもありがたいです。