関東のファミリー向け公園

関東近郊にあるファミリー向け公園の紹介です。


まず一つ目は埼玉県比企郡にある国営武蔵丘陵森林公園です。入園料は大人410円、子供80円です。こちらではアスレチックや日本一大きいエアートランポリン、暖かい季節になると巨大じゃぶじゃぶ池(水遊び場)が使用可能になるなど、遊び応えのある公園です。また広い敷地を園内バスが走っているので、歩き疲れたり移動の際には便利です。(園内バスは大人210円、子供100円)


二つ目は東京都小金井市にある小金井公園です。入園料無料。ここには子供の広場やドッグラン、バーベキュー広場、レンタサイクルなどがあり、家族で一日過ごせる公園です。また休日には大道芸を披露している方などもいて、パフォーマンスが見られる事もあります。人工芝の大きな坂があり、こちらも無料で楽しむことができます。滑る用のソリも数個置いてありますが、順番待ちがあるのでほとんどの方は持参して滑っているようです。(園内の売店でも販売しています)。


三つ目は神奈川県相模原市にある市立相模原麻溝公園です。入園料無料。園内にはミニ動物園があり、ふれあい動物広場ではウサギやモルモットなどのふれあい体験ができます。またポニーに乗ることもできます。小さな子向けの遊具やそれよりも年齢が上の子向けフィールドアスレチックも存在し、アスレチックは林の中にあるので日差しを気にせず楽しむ事ができます。
四つ目は千葉県船橋市にあるふなばしアンデルセン公園です。大人900円、高校生600円、小中学生200円、4歳以上100円。長さ50mに及ぶ大きな滑り台や、かなり種類のあるアスレチック、水遊び広場、こどもとワークショップに参加できる美術館など盛りだくさんです。園内にはレストランもあるので手ぶらで行っても大丈夫です。ゴールデンウィーク時は駐車場渋滞がおきる事もあるので、お出かけの際は早めの出発が良いかもしれません。

どの公園も敷地面積が広いため、お出かけの際にはHPなどでチェックしてからのほうが楽しめるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です